忍者ブログ
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

bro-080123.jpgうカールとかでお馴染みの、受験シーズン便乗ビジネスが、本当に気持ち悪い。
元々占いとかジンクスとかを一切信じない(むしろ忌み嫌う)人間だからというのもあるんだろうけど、露骨にエサに群がる獣のような印象を受ける。
そして、そんな獣にまんまと食われまくる受験生サイドも同様に気持ち悪い。

世の中には本音と建前があって、お菓子とかの売り文句なんつーのは最初から建前感が強い場合が多い気がする。でも「従来よりおいしくなりました」的ハッタリなら敢えて「そうなんだ」と受け流す・・・というか、敢えて売り文句を信じて買ってみたりも出来るんだけど、「受験生頑張れ!」とかになると、あからさまに「こう書けばアンタ達喜ぶんでしょ?ニヤニヤ」という姿勢があまりにも強すぎるでしょ。
お菓子を売りたい企みと受験生を応援する姿勢には全く関係性が無いから。
売りたくて「おいしいですよ、買ってください」というのならいい。普通のことだから。でも売りたいからって「受験生頑張れ」というのは明らかに普通じゃねえ! 

受験生には、バカな商売に踊らされず、普通に自分の希望に向かって努力して欲しい。受験に受かるかどうかは、合格グッヅやら合格ビジネスに注ぎ込んだ金額によって決まるのではないんだから。
合格したければ、合格できるための努力をしてください。
努力に見合った充実感が必ず得られるでしょう。
受験したくなければ、受験しなくて済む進路を目指して工夫&努力してください。
工夫と努力によっては、とても快適な人生を送ることが出来るでしょう。
PR
bro-071128.jpg先日リクエストがあったので、友香ねえさん画像です。
って、過去の絵じゃんかよ!(・∀・;)

今でも時々『MJ』絡みのキャラの誰々が好きだと言ってくれる人がいたりしますが、そーゆーのはホント嬉しいです。そして、うっかり「実際のところシリーズで誰が一番人気なんだろうか?」なんてことを考えてしまったりします。それぞれなかなかに甲乙付けがたい部分がありますからね。
瞳が最下位なのは間違いないでしょうが。(^^;)

で、そんな疑問が湧くと人気投票なんかをやってみたくなったりもしますが、いざやってみたら全然盛り上がらない可能性も高いだろうし、ちょっと怖くて開催に踏み切れないままです。ブルゲさんでもやろうかやらないかと話したことは何度かあるんですけどね。
てか、もう何年も前の作品だしな。

ちなみに私的に一番気になるキャラとしては、実は玲奈だったりします。立ちキャラをもっと可愛くかいてやりたかった!

bro-071127.jpgええ、大好きなんですよ、競泳水着。(*´Д`*)
その魅力を語り出せばキリがないほど好きです。
残念ながら巨乳との相性があまり良くないので、作品として仕上げるまでに至ることはほとんど無いですけど。

だから過去に一度、エロゲーで競泳水着のシーンを出した時は燃えましたとも! 解ってもらえる同志にガツンとアピールするぜ!! てな勢いで。
結果、ユーザーからの反応はまるで無かったですけどね! (TдT)

当時のゲームでは外しましたが、三次元の世界で競泳水着の愛好家は実は非常に多く潜んでいるというのが私の実感でした。
そして、近年はどうも二次元の世界にも競泳水着の波がやって来ているように思えます。二次元でだって以前からちょくちょく目にすることはありましたが、最近はその機会が妙に増えたような・・・。

長年の競水ファンとして、この流れは非常に嬉しい・・・かというと、全く逆です。嬉しくない!
競水スキーが多いのは判っているんだから、無理に裾野を広げたいなんてまったく思わないし。ただでさえ昔に比べるとNHKでの競泳中継ではグッと来るポイントをわざと外されている昨今なのに、無闇につっついてほしくない、って感じですよ。下手して競泳選手達が胸パッドを付けたままにする風潮が生まれたりしたらどうするのか!? 競泳水着は好き者だけでコソコソと楽しみ続けたい気分です(笑)。

これはちょうど、かつてメイドが好きで仲間内で萌え萌えしていた人々が、爆発的にメイドが広く一般へ拡散していくのを傍観するしかなかった状況と似ているのかもしれない、みたいな。

まあ競泳水着がメイド並みのブームを形成するとまではさすがに思えませんが、さほど好きでもなく、こだわりも無いのに目新しさだけを狙って取り上げるようなことは控えて欲しいと思わずにいられません。

や、「波が来ている」なんて、完全に私の思い違いならそれに越したことはないんですけどね。(^^;)

bro-071116.jpg過去のラクガキから女戦士を発見したのでおもむろに公開。

近年はドラクエの女戦士とかのエロパロなんかを良く見かける気がします。やっぱり女戦士ってロマンなんですかね。や、もちろん自分だってドラクエⅢをやっていた時は、自分なりの女戦士の姿を夢想してちょっとドキドキしてましたけど。w

あと、最近思うのは、エロ作品の中での巨乳よりも、一見エロとは無縁の一般作品の中の巨乳の方がグッと来る率が高かったりするよなあ、とか。
一般作の巨乳の方が想像する余地が大きいということだと思いますが。見れない前提だからこそ「見たい!」と思わされますよね。

エロ作品では見られて当たり前で、そこから先のプレイ部分に興味が移っている。一般作では見られなくて当たり前で、着衣の上から乳の大きさが判ったり、谷間がチラッと見えたり、ポッチが確認できただけで「ラッキー!」とか思って興奮したり・・・。つまり乳に対して謙虚になっている、みたいな!?

『Aika』みたいにエロをコンセプトの中心に据えた潔さも悪くないですが、普通で真面目なバトル物の顔をしながら無闇にエロを撒き散らしている『ドラゴノーツ』の方が心惹かれます。(*´Д`*)

女戦士って、「モンスターと闘う」というタテマエ(?)があるから、コスチュームのエロスが引き立つのではないかと考える次第であります。
bro-071021.jpgいやー、昨日はビックリしました。
何がビックリしたって、札幌の試合のアホ審判にもビックリしたけど、やっぱり最もビックリしたのはアレですよ! 元EEジャンプ、「おーっととっとっサツだぜ!」ですでにお馴染み、ユウキ元メンバーのお姿です!

もちろん窃盗で逮捕された事実にまずビックリしましたが、それ以上に彼の変わり果てた姿に衝撃を受けました。
あからさまに悪い目つき、うっすら残したヒゲ、そしてあのコイの刺青! わざわざ通常の着衣状態でも見える位置に彫っているのがなんとも。
あたかも「暴力団員」と書かれた看板を頭上に掲げながら歩いているように見えます。

もうね、ここまでベタな転落人生を体現されると言葉もありませんよ。
きっと漫画でもあそこまでベタベタな展開にはしないでしょう。逆にリアリティが無いからな!

絶頂期を経験した元モー娘メンバーの多くが切ない人生を強いられているのを見ても、つくづく芸能界は怖いところだと思わせられますな。そこまで人生を狂わされてしまうのか、と。

そして、人気商売という意味では漫画家等も同じ危険にさらされているんでしょうね。
ヒットは欲しいし金ももちろん欲しいけど、人生を捻じ曲げられるほどの額は絶対に欲しくないと思います・・・。
bro-071018.jpg先日までの朝青龍~時津風部屋問題の相撲ネタに続いて今は亀田問題のボクシングネタ。ワイドショーにとどまらず一般のニュース番組でも大量に時間を割いて連日小さな出来事を頑張って膨らましておりますなあ。

日本国民って、そんなに格闘技が好きだったのか!?(・∀・;)

実際昔からボクシングのタイトルマッチはかなりの視聴率を稼いでいたんだし、日本人は潜在的に格闘技が好きなのかもね。いやもしかすると人間の本能に関わる話になるのかも。

まあそれはともかく亀田についてですが。
私的には、連日のテレビで亀田について熱く語るタレントやキャスターや路上インタビューに応える一般人を見て、そんなに彼らを真面目に見ている人が多かったのかと驚いています。

茶番のような試合後にリング上でリサイタルをおっぱじめてしまう・・・しかもそれが興行の一部としてしっかりセッティングされている様を見せられていながら、どうして亀田大毅をまともなプロボクサーだと考えることが出来ますか。彼がこれまでやって来たのは、まさに「プロレス」です。プロレスを理解できるプロレス者ならば、今、亀田大毅に対して本気で腹を立てている人はいないのでは。

そんなプロレスラー・亀田大毅が、本物のボクシング世界チャンピオンである内藤大助に挑んだ先日の試合は、言ってみればガチの異種格闘技戦ですよ。ケンドー・カシンがミルコ・クロコップとキックのリングで闘うようなもんでしょう。
だから私的には、18歳の大毅が最終ラウンドまでダウンされずに立っていた事実に驚き、感心して、ちょっと見直しました。それこそ内藤のコメント通り、いいものは持っているので、これからは真面目にボクシングに取り組んでくれればなあ、みたいな。
あのエクスプロイダー(笑)とかは未熟ゆえの暴走であって、そんなに大事ではないと感じていました。つまり、亀田と試合を組むということは、亀田というキャラをある程度受け入れている証であって、多少の無礼や粗相は織り込み済みであろうと。実際、内藤本人はその辺にある程度の理解を示しているように感じました。あの「残念!」ポスターを作ってみたりする辺り、内藤もプロレス的センスを持ち合わせているに違いありません。

ところがどっこい世間は真面目にプロボクサーとして亀田を見ていたようで。
もちろん亀田一家の言動には「キャラ」という理解だけでは許せない面も多いし、やっぱり好きにはなれませんが、だからといってこんなにヒステリックに騒ぎ立てて日本中からあの一家を攻撃するような風潮はナンセンスであるように思えてなりません。

憎らしくて不快で弱いくせに、どうも気になって心のどこかで応援したいような気持ちもある・・・。亀田一家は私にとって、在りし日の冬木広道のような存在です。w
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
辰波要徳
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]