忍者ブログ
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kingshow-sinzin.jpg
『新人』/筋肉少女帯
http://www.dmm.com/mono/cd/-/detail/=/cid=cd_172tfcc86234s/searchstr=07v2wNiZ3MX6tg__lel-001

ハロウィンの新譜を買いにツタヤへ行ったのに筋少の新譜があったのでこっちを買っちゃった。
しょうがないので(?)こちらの感想なんぞを。

筋肉少女帯の魅力と言えば、第一にその存在感。アンダーグラウンドの匂いを纏ったいかがわしさだと私は思っている。メタル界で言えば、デスメタルなるものの概念を初めて知り、ナパーム・デスの存在に触れた当時の感覚に非常に近いものが筋少にはあったような気がする。
連中の姿はパッと見胡散臭く、曲を聴けば「!?」と戸惑い、でも「イタコLOVE」を聴いて感動し、一気に虜となった。その後もおどろおどろしくも深遠な世界とシュールかつエキセントリックなネタの世界を同時に楽しませてくれたが、何やらつまらないすれ違い(?)から端を発してバンドは解散状態へ。6年の時を経てこの度メンバーが仲直りし、活動再開となった復活第一弾アルバムが今回の『新人』な訳だが。

こういった、何年も時を隔てての再結成モノというのは、いきなり良いアルバムとはなかなかならないもの。再結成と聞いていきなり全盛期並みのナイスなアルバムを期待してワクワクしながらCDをセットするほど若くはない自分は、純粋に現在の筋少がどのようなものなのかを知ろうと思って聴き始めた。

で、一度聴いた率直な感想は、「やっぱりか」。

正直、良いアルバムだとは言い難い。再結成を宣言する挨拶代わりの域を出ていないのでは。過去の曲の再録が複数あるのも、その印象を強める。
一言で言って、残念ながら曲そのものに魅力が乏しい。メロディが全くキャッチーでなく、サビもどうも気持ち良くない。『キラキラと輝くもの』アルバムに収録されている曲と比べれば雲泥の差だ。『最後の聖戦』のつまらなさを継続していると言えるのでは。
そして自分的に何より問題なのは、あのおどろおどろしい禍々しさが全く無いこと。食人植物トリフィドを引っ張り出したりしているが、取って付けた感は否めない。他の、若干の猟奇風味を感じさせる曲でも、どうも「救い」が残されている感じで、初期~中期の救いのない真っ黒なニュアンスは望むべくもない。その一方で、再結成までの自らの気持ちの変遷を綴ったと思しき『仲直りのテーマ』は妙に生き生きとしているように感じられる。

思うに、今回は再結成というか仲直りが出来たことで大槻が凄くハッピーな状態であるのが強く影響しているのではなかろうか。かつての筋少のダークな魅力は大槻の胸のうちに鬱積する様々なネガティブなものが音楽として昇華したものだと思うのだが、今の大槻の心にはネガティブなものよりハッピーなものの方が圧倒的に多かったのではないだろうか。だとすれば、一人の人間としては非常に結構なことだが、残念ながらバンドとしてはかつての魅力を求めるのは難しくなってくる。

願わくば、人としてハッピーなまま、作品作りとしてかつての暗黒面を上手く引き出してもらいたいものだが・・・。あとは、そういったダークな魂が欠ける分、メロディとか演奏のテクニックとかの技術的な部分でググッと魅力を高めてもらうとか。

再結成後のバンドの本当の姿を見せてくれるであろう復活第二弾アルバムに期待したい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そうなのでしたか……
筋少の再結成を喜びつつ、金欠ゆえにベスト盤と新作を買えずにおりましたので、貴重なレビューを戴き、ありがとうございました。
『最後の聖戦』――周囲はベタ褒めしていたのに、私は「???」と思っていたのです。肩身の狭い思いでしたが、これで安心しました。
ちなみに、レティクル座のアルバムと、ドルバッキーの入っているアルバムをよく聞いてます。
どうしても橘高氏のギターに耳を奪われるもので。
(^^;
それでは、失礼します。
千歳 URL 2007/11/03(Sat)19:21:49 編集
あくまで個人的感想ですけど
>『最後の聖戦』――周囲はベタ褒めしていたのに、

ええ、そんなバカな!? と思って聴き直してみたところ・・・意外と楽しめました。(^^;)
単純にプレイがカッコ良かったり(特に大田のドラム)、コアな味付けが強いことに今更ながら気付きました。キャッチーなメロディも思ったより多かったような・・・。
でもやっぱり私が筋少に求めるものは乏しい気がします。

『最後の聖戦』をイマイチに感じる人にとっては『新人』はやはり物足りない可能性が高いかもしれませんね。

というか、つまり筋少はもうこういうバンドになって新たな次元に移ってしまったと考えるべきなのかも。


ちなみに私の好きなアルバムは、やはり前半のものになりますね。『猫のテブクロ』、『月光蟲』、『UFOと恋人』、『レティクル座妄想』とかですね。
曲としては、メタル的には「風車男ルリヲ」が一番で、ダークな味わい的には「夜歩く」、「何処へでも行ける切手」なんかが良いです。あと、宗教絡みの曲も凄く好きですね!w
辰波要徳@管理人 2007/11/03(Sat)23:46:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
辰波要徳
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]