忍者ブログ
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

bro-080503.jpg12年ぶりに復帰した伊達公子が凄いことになってますね!
復帰後初の公式戦でいきなりの連勝、昨日は日本ランク3位、世界80位の選手を破りましたよ!

私はバッチリ公子世代。彼女の出現から応援し、世界での大活躍に感動し、早すぎる引退に凹んだものです。カズや野茂らと同じように世界と互角に戦う日本人として大いにリスペクトしていました。

なので復帰は素直に嬉しいです。そしてこの活躍に改めて「世界ランク4位」の重みを感じますね。
いっそこのまま世界ランク入りして世界にも衝撃を与えて欲しい! そしてもう一度ウィンブルドンへ!

でも同時に日本選手の不甲斐なさも寂しいですね。伊達引退後は杉山愛以外に目立つ選手が出てこず、その杉山も正直パッとしない。12年経ってもそれが変わらず、復帰した伊達にあっさり活躍を許すとは。

こうなったらもうサックリと日本ランク1位になってテニス界に激震を与えて欲しいですね。
今、杉山は伊達を真剣に対戦相手とは見ていないかもしれないけど、世間はすでに杉山より強いと感じているのでは。二人の激突は日本テニス界で過去にない盛り上がりになることは必死ですな。早く見たい!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
先日のNumber誌に『クルム伊達公子』って載ってて『リングネーム?』とか三分ぐらい考え込んで、『あ、旦那の苗字だ』と思い出したりしました。

活躍出来るのはもちろん当人の力量なんですけど、どうしてもロートルに良い様にやられてるって映ってしまいますよね。
相撲でいったら九重親方(千代の富士)とか陸奥親方(霧島)とか錣山親方(寺尾)あたりが現役復帰して
豊真将とか豪栄道あたりをやっつけ・・・微妙な上、本当に起こりそうな例えですが(汗)。
杉山さん(も相当な古株だなあ)との対決は見てみたいですね。
katsu 2008/05/04(Sun)02:31:57 編集
負けたけど勝った!
クルム夫人、決勝では負けちゃいましたね。残念でしたが素晴らしい頑張りでした。
てかダブルスでは優勝してるし!
このカンガルーカップとやらがどの程度の大会なのかサッパリ知りませんが、復帰のアピールには十分過ぎる結果じゃないでしょうか。今後も頑張れキミコ!

>微妙な上、本当に起こりそうな例えですが(汗)。
本当にそうですね。w
かつての四横綱時代が懐かしい・・・。
辰波要徳@管理人 2008/05/05(Mon)07:10:37 編集
スポーツ繋がりで
こんばんわ(ペコ
今、スポーツニュースで欧州サッカーの降格争いを見てて、降格したチームのサポーター達(女性や子供も)が泣いてくやしがってる所を見て、感銘を受けました。日本もあれだけスポーツが盛り上がってれば、もっと面白くなると思うんだけどダメだろ~なぁ…(遠い目
野球は面白くないし、プロレスは30分しかやんないし。サッカーどうでしょう?盛り上がってるのかな??
てつ廊 2008/05/13(Tue)01:07:15 編集
サッカーは
かつてコンサドーレ札幌が降格した際には試合会場で涙を流してしまった者ですこんにちは。w

サッカー会場ではですね、女子供や、特に札幌では年配の方まで非常に広い層が応援に駆けつけていて、意外と日本にも浸透していると感じます。
でも逆に、サッカーを理解できるファンが増えたからこそ、それをまだよく理解できない新規の人間にとって敷居が高くなっているとも感じます。

確かに現在は野球や相撲が盛り下がってますが、実はスポーツに対する関心は過去になく高まっているんじゃないかという気がします。ズバリ、フジテレビの「ジャンクスポーツ」のお陰で。

あの番組のお陰で、これまで一切日の目を見なかった競技でも注目される機会が増えたと思うんです。ビーチバレー、ハンドボール、バドミントン等々。アイドルとなるグッドルッキンな選手がいることが大きな条件になりますが、それでも世間の関心が集まれば競技そのもののファンになる人間も出てくるでしょう。

ちなみに、野球人気が低迷しているように見えますが、ここ札幌では日本ハムの試合に毎回4万人近い観客が押し寄せます。超人気です。テレビで全国的に伝わっていなかったとしても。
野球に関して言えば、テレビ主導(巨人オンリー)の時代が完全に終わったんだと思います。

プロレスは・・・かつての全日本の全盛期でさえ中継が一時間にならなかったんだから、もう二度と一時間の時代には戻れないのでは。
辰波要徳@管理人 2008/05/13(Tue)06:39:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 心苦しい HOME 断念! >>
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
フリーエリア
ブログ内検索
プロフィール
HN:
辰波要徳
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]